ニーズに細かく対応できる専門サービス

社員

秘書を採用する場合、必要なのは職務経験だけでなく、上司や社員との相性も考慮した人選が欠かせません。秘書というポジションは、いかにスキルが高くても最終的には人と人とのマッチングが必要です。専門特化した人材紹介会社の場合、上司となる人物との相性が一致するかを採用の重要ポイントの一つとし、求人内容と経験やスキルだけでマッチングはおこないません。また、募集に至った背景も考慮し、入社後に何をしてくれる人材が欲しいのか、そのためにどんな人材が必要なのかをしっかりヒアリングしたうえで基準を明確にするサービスをおこなっています。重役以上につける個人秘書なら尚のこと、その組織風土や方針の理解力と行動の感性が必要です。こうした難しい要件にも確実に応えられるからこそ、多くの企業や組織から信頼されているのです。

専門性の高い人材が豊富

女性

近年、秘書を専門に紹介してくれるエージェントに企業組織からの信頼が集まっています。理由は、専門性の高い人材が多岐にわたって登録されており、若手から中堅まで多様な求人に応えられるキャパシティがあるためです。また、人と人との相性がとても大切な秘書という職種について、高品質なマッチングをおこなってくれる点も特筆できます。ミスマッチが少ないということは、採用コストを大幅に削減できることを意味しますので、人気が高まるのも当然でしょう。紹介される人材は、採用の背景も含めて的を射た人物ばかりなので、安心して詳細の吟味ができます。一時スクリーニングや調整なども任せられるため、手間をかけずに欲しい人材を獲得することができるでしょう。

コア業務に専念できる

男女

前述のとおり、エージェントに依頼することで応募者の一次スクリーニングや面倒な調整を任せることができるのは大きなメリットです。そもそもスケジュール調整などの事務に手が回らないために秘書を雇いたいわけですから、そこに時間を費やしていては本末転倒です。エージェントはプロフェッショナルなサポートにより、採用条件の骨子に合わせた求職者のみに絞って紹介をおこないます。依頼者側はコア業務に集中することができますので、生産性に影響を与えることなく採用を進められるでしょう。紹介会社ごとに細かなサポート内容は異なりますが、一般的に求人票の作成から応募者の獲得、書類選考などまで実施してくれる会社が多いです。依頼者側は選りすぐりの人材と直接会ってフィーリングを確かめるのみで採用ができますので、費用をかけてでも業務をアウトソーシングするだけの意義があると言えるでしょう。もちろん入社後のフォローもしっかりおこなってくれる会社であれば、トラブルもなく理想の人材の雇用が可能です。

広告募集中